MENU

Set up模型|歯列矯正治療の流れ|歯列矯正なら自由が丘矯正歯科クリニック(東京)

診療相談予約

HOMEへ戻る > 治療の流れ・費用 > 矯正治療の流れ > Set up模型

Set up模型

治療予測模型(Set up模型)とは?

矯正する前の歯並びを模型上で1本1本切り離して矯正後の理想的な歯並びに並べなおした模型のことです。矯正治療後の状態を確認することができます。当クリニックでは、患者さんの期待に応えられるように専属の歯科技工士が気合いを入れて製作します。

Set up模型には3つの目的があります。

 

1つめは歯の移動量、抜歯の有無を判断することです。

もちろんSet up模型だけで判断することはできませんが、初診時のアンケート(口元を引っ込めたい、噛み合わせをよくしたいなど・・・)、初診または検査の際に撮影したレントゲン写真、診断の記録をもとにしながらSet up模型で再現することにより、治療プランを再確認することができます。

 

2つめは患者さんご自身の目で矯正後の状態を確認していただくことです。

マウント模型(今の口腔内の状態)とSet up模型(矯正後の状態)を見比べるとどの程度変化するのかを目で見て確かめることができます。また、どうして歯を抜くことになったのか、インプラントを打つ必要があるのかなど治療の内容を理解することもできます。

 

3つめはブラケットという歯を動かす装置をポジショニングするために使います。

ポジショニングはブラケットを歯の正しい位置につけるために行なう作業です。このポジショニングについては下に詳しく書いてあります!(読んでみてください)

 

自由が丘矯正歯科クリニックでは2002年からすべての患者さんに安全で安心できる治療を受けて頂くためにSet up模型を製作しています。

 

それでは、そのこだわりの製作方法をご覧ください!

 

※当クリニックでは患者さんにSet up模型についてより理解していただくために1から完成までの全工程を一人一人写真に撮り記録しています。

1. Set up模型をパナデント咬合器にマウントします。

えっ?!Set up模型もパナデント咬合器にマウントするの??と思うかもしれませんがここがpointです。"咬合器のこだわり"でお話したようにパナデント咬合器はより正確に患者さんの口腔内を再現することができます。もし、Set up模型を簡易な機能しかもたない咬合器にマウントして作ってしまったら・・・考えるだけで恐ろしい!!と思いませんか??患者さんを矯正後の理想的な歯並びへ導くためには口腔内をより再現できるパナデント咬合器にマウントすることが大切なのです。

 

※当クリニックでは歯科医師が採得したシリコン印象は外注先(ASOインターナショナル)に提出し、Set up模型の準備をしていただいています。パナデント咬合器にマウントして、模型を1歯ずつ分割した状態で自由ヶ丘歯科クリニックの歯科技工士にバトンタッチします!

2. 外注先から送られてきたバラバラの模型を患者さんの今の口腔内の状態に戻していきます。

これは正しくマウントされているかどうかを確認するため、歯をどのくらい移動させるかを調べるために大切な作業です。ユーティリティーwaxという粘り気のあるwaxで固定します。その際、模型に引いてある歯軸の線を基準にします。

 

※歯軸とは・・・1本の歯の中央を通る仮想の線です。この歯軸の傾きは配列の際にとても重要な要因の一つになります。

3. 今の口腔内の状態に復元できたら、マウント模型と見比べます。

マウント模型はあらかじめシリコンバイト(検査時に採る緑色のバイト)を介在させて模型が正しい位置に装着されているかどうかを確認してあります。Set up模型もマウント模型と同じ中心位でマウントされていなければいくらきれいに並べ直しても患者さんの口の中を再現していることにはなりません。

4. いよいよSet upのスタートです。

まずはカルテをチェックします。普段、患者さんの口腔内を直接見ることができない技工士でも、カルテの中を見ると患者さんのことがわかってしまう!?カルテにはたくさんのお口の中情報がつまっています。

1番始めに目を通すのが初診時に書いて頂いたアンケートです。最終的にこうなりたい!ここを治したい!という希望を把握し、その状態に近づくようにします。次に、正中の位置、前後的な位置(歯列を広げるのかい否か)、Opeの有無、抜歯部位など、診断の記録に目を通します。正中はどのくらいずれていて正しい位置はどこなのかを歯科衛生士が調べます。

 

※正中とは・・・顔を左右に分けたちょうど真ん中です。(図をご覧ください)

 

それでは配列していきましょう!

まずは1番中心の歯(中切歯)を正中にあわせてならべます。このとき、上の歯と下の歯は2〜3mm重なるようにします。もしも、上の歯と下の歯の間に隙間があると口で呼吸する事になり・・・・・・・・・などの原因になってしまいます。前歯の噛み合わせの状態を専門的にはオーバーバイト、オーバージェットと表現します。オーバージェット(=水平的被蓋)は歯の突出の度合い、オーバーバイト(=垂直的被蓋)はかみ合わせの深さの度合いのことです。また、上の歯と下の歯の間にすき間もなく重なりもない状態を切端咬合と呼びます。切端咬合は食べ物をしっかり噛むことができなかったり、歯に力をいれることができないので、顎に負担がかかってしまいます。

正常な噛み合わせの人は、このオーバージェット・オーバージェットが2〜3mmなのでSet up模型も同じようにならべています。

5. 次は臼歯部を並べます。

前歯は審美性を重視するのに対して、臼歯部は噛み合わせを重視します。下の図を見ていただくと分かると思いますが、歯は上の歯と下の歯でしっかりかみ合うような形をしています。どこに噛みこむのかも決まっているのです。このかみ合わせは1歯対2歯(咬頭対辺縁隆線)の関係といいます。上の歯1歯に対して下の歯が2歯でかみ合います。

 

ここまで配列した状態で患者さんに1度来院していただきます。Set upチェックの時間です。院長から今後の治療についてお話があります。無事に患者さんに見ていただいたSet up模型は、再び技工士の元へ戻ってきます。そして、まだ手をつけていない半分をならべます。なるべく、左右対称に咬合平面を変えないようにしています。

 

※咬合平面とは・・・歯の配列によって決定される仮想平面です。(下図参照)

6. 配列がすべて完了したら、パラフィンwaxで歯ぐきを形成します。

パラフィンwaxはユーティリティーwaxのように粘り気がなく、冷めると固くなるので歯の模型を固定するのに適していますが、熱して冷めたときに収縮するのでこまめに模型を咬合器に戻して位置にずれが無いかを確認しています。このwaxは検査の際に採るwaxバイトと同じwaxです。

 

Set up模型はこれで完成です。

 

しかし、Set up模型の目的は最終的な治療後を予測するための歯の移動量や、治療プランの目安にすることだけではありません。もうひとつ、大切な役割を担っているのです。それが次にお話しする『ブラケットを歯の正確な位置に装着するための基準』です。

そのために行なう作業を"ポジショニング"といいます。このポジショニングは治療を進めていく上でとても重要です。

PAGETOP