MENU

歯のクリーニング(PMTC)について|歯の予防・お手入れ|歯列矯正なら自由が丘矯正歯科クリニック(東京)

診療相談予約

歯のクリーニング(PMTC)について

「歯をクリーニングするってどういう事?」という質問を頂く事があります。クリーニング屋に洋服を出す時を思い出して下さい。家庭での洗濯では落としきれないシミや黄ばみがキレイに落ちて返ってきますよね。“歯のクリーニング”もそれと同じです。歯をみただけではわかりませんが、歯垢(プラーク)には種類があります。一つは“単に歯の表面付近でウヨウヨと細菌が集合しているもの”。もう一つは“歯の表面にドッシリと腰を下ろした細菌が集合しているもの”です。歯磨きには限界があります。歯磨きで取り除けるのは前者だけで、後者を取り除くのは難しく、とても厄介な存在です。

よくあるご質問

どっしりと腰を下ろした歯垢はどう落とせばいいの??

PMTCをして落としていきます!!

PMTC(専門用語でProfessional Mechanical Tooth Cleaningの頭文字をとり、この略語で呼ばれている)とは、プロが機械を使って歯についている見えない細菌を落としていくことです。歯と歯の間や奥 歯の溝、歯茎の下に隠されている歯面など自分ではなかなか落とす事のできない汚れを赤く染め出す事で、どこに細菌があるのかをはっきりさせ、歯科衛生士が とことんキレイに落としていきます。

PMTCって痛いの?時間はどの位??

1時間程。歯を削るわけではないので痛みはほとんどありません。

お口の中の状態が良い〜普通の方であれば1時間程です。極端に状態が良くない方の場合1時間半程かかってしまう事も。歯石がある場合、一緒には落と せません。PMTCの前に来院していただきあらかじめ取り除きます。料理の前の下ごしらえと同じで、ひと手間加える事で出来上がりが違うのです。PMTC が初めての患者さんはドキドキされていて目をぱっちり開かれていますが、時間が経ち、「なんだ、こんなもんなんだ!!」という事がわかると顎がガクッガ クッと開いたり閉じたり・・・気持ちがよくてお休みになられる方もしばしば。気持ちが良いと思って頂けるのはとっても嬉しいのですが、一番磨き残しが多い 奥歯の後ろ側にまで器具が届かなくなってしまうので、お口を大きく開けたままでぐったすり眠って下さいね。(そんな事は無理でしょうか!?)

知覚過敏がある方、歯磨き時の力が強く、表面が削れている部分がある方は部位によっては痛みを感じてしまう事もあります。

PMTCの後ってどんな感じ??

歯がつるつる。口の中がすっきりします

舌で歯のつるつるとした感覚を確かめるのが癖になってしまうくらい、とても良い感じです。コーヒー、紅茶、ワイン、タバコが好きな方に是非おすすめで す!!歯磨きでは落とせなくなっている茶渋やタバコのヤニ・・・気になりますよね。そんな歯の表面の着色汚れ=ステインをPMTCで落とす事ができるんで す。感触だけでなく、見た目がガラリと変わるので当人以外にもこの効果を感じることができるでしょう。本来もつ白さより白くする事はできませんが、着色汚 れが落ちるだけで笑った時の印象が全く違います。歯の色が気になって思い切り笑えないという方、大切な用事の前にTRYしてみてはいかがでしょうか。

PMTCの手順

まず、歯磨きが不十分で歯垢(プラーク)が溜まり石になってしまった(石灰化)歯石をPMTCする前までに取り除いておきます。

 

1. プラークの染め出し

汚れが赤く染まるお薬を使ってプラークを染め出します。染め出した所を患者さんに見てもらい、磨けていない部分を理解して頂き歯ブラシの当て方など簡単な歯磨き指導を行います。

 

2. 歯磨き粉の注入・塗布

汚れの付き具汚れの付き具合を見て粒子の細かさや効能が適している歯磨き粉を選びます。歯磨き粉を使う事で効率良く汚れを落とすことができ、機械を使う事で生じる発熱を抑える事ができます。

 

3. 歯の清掃

まず下の歯の清掃から始めます。基本的には磨くのが難しい部位から取り掛かります。

歯と歯の間→裏側→表側→咬む面(奥歯の溝)という順序です。

※歯と歯の間の汚れを落とす時に使う機械は多少キュイーンという音とゴトゴトという振動があるのでびっくりしないで下さいね。上の歯も下の歯と同じ流れで清掃していきます。

 

4. 口の中を洗浄

口の中に残っている歯磨き粉を十分に洗い流します。

その後、歯と歯茎の間にあるポケット(歯周ポケット)内を5mlのシリンジを使って洗浄する。洗浄液には、殺菌作用のあるマウスウォッシュ(リステリン?・コンクール?)を薄めたもの使用する。

 

5. フッ化物の塗布

PMTC後は細菌が集合しているものが破壊され、歯質を強くするフッ化物が浸透しやすい状態にあります。そのため、フッ化物を塗布する事で知覚過敏、虫歯を予防します。また、歯茎が下がり、歯の根が見えている所は歯質が弱く虫歯になりやすい所なので、ここにはより注意深く塗布してきます。

PAGETOP