MENU

虫歯の予防|歯の予防・お手入れ|歯列矯正なら自由が丘矯正歯科クリニック(東京)

診療相談予約

虫歯の予防

虫歯は、口腔内微生物の感染によって歯の表面から破壊(脱灰)が始まり、神経の方向に向かって進行する歯の病気です。

有病率が非常に高く、発病には年齢差があります。

乳歯から永久歯に生え変わる時期の、生えたての歯程虫歯になりやすいのです。

 

そして皮膚ならば転んで擦りむいても放っておけば治りますが、歯は自然には治りません。

そのため、虫歯になるとその部分を削って詰め物をしなくてはいけないのです。

1. 虫歯になりやすい場所

歯には、虫歯になりやすい歯や部位があります。(う蝕好発部位)

溝がたくさんある大臼歯や唾液の行き届きにくい上の前歯,歯と歯の間や歯と歯茎の境目,奥歯の溝などです。

さて、虫歯は微生物の感染によって起こる疾患ですとお話ししましたが、それではどうやって虫歯が発生していくのか、そのメカニズムをお話します。

2. 虫歯の原因菌

原因菌であるストレプトコッカス・ミュータンス菌は、歯が萌出する前の乳児の口腔内

からは検出されず、歯の萌出後に検出されます。

S.ミュータンスの口腔内での生息部位はう蝕好発部位と一致しており、一般に歯と歯茎の境目・溝・横の面のプラークから数多く分離されるのです。

そして口腔内では、S.ミュータンはプラークからプラークに容易に伝播しません。

つまり、同じ口の中で虫歯がうつることはありません。

3. プラーク

プラークを数日間放置する、つまり磨き残しをそのままにしておくと、成熟したプラークになり、この成熟プラークが虫歯の発生に関与するのです。

S.ミュータンスはシュクロースという糖質から、有機酸をつくり出します。このため、糖質グルコースを含む水溶液をプラークに浸み込ませると、プラークのpHは急速に低下します。

プラークの中には、様々な種類の微生物が多数生息しているのですが、個々の微生物がつくり出す酸の量は微量でも、その総量によってプラーク全体が酸性になってしまうのです。

酸性になったプラークは、その後糖質の供給がなければ次第に中和されて、約40分で元のpHに戻ります。

 

付いてから時間の経った成熟プラークはpHも低く、その低いpHが長く継続しますが、付いたばかりの未成熟プラークはpHの低下も低く、短時間でもとのpHに戻ります。

また、S.ミュータンスはシュクロースから、水に溶けにくい粘着性の多糖質(不溶性グルカン)を菌外につくり出す性質があるため、不溶性グルカンを多く含んだプラークができるのです。

 

不溶性グルカンは水に溶けにくいので、微生物とともに堆積し、短時間で厚いプラークになってしまいます。不溶性グルカンを多く含むプラークには、唾液のような粘り気のある溶液は浸透しにくいため、酸性になった厚いプラークは長時間低いpHの状態が続くことになり、歯の表面エナメル質が脱灰され、やがては崩壊が起こるのです。

4. 虫歯予防

当クリニックでは、虫歯予防の一貫としてフッ化物の使用をお勧めしています。

歯に直接ジェルを塗る方法や、うがい薬として使っていただく方法があるのですが、これらもプラークのべっとり付いた歯には浸み込まず、作用されません。

まずは歯ブラシやデンタルフロス・歯間ブラシを使って汚れを落とし、定期的なメインテナンスを受けて自分では落としきれなかった汚れを落とすことが、虫歯や歯周病の予防になるのです。

 

また、歯がデコボコしていて充分な清掃ができない歯列は、矯正治療をして整えることや

もっとも虫歯になりやすい奥歯の溝に充填物をすることによって、虫歯の予防ができます。

5. 除菌

虫歯の原因菌の数が多い場合には、ブラシや補助的清掃器具を用いて歯面をキレイにした後に、専用のトレーと薬物を使って菌の数自体を減らす治療を行う場合もあります。

この治療法を3DS(デンタル・ドラッグ・デリバリーシステム)と言います。

またご自宅で、汚れを落とす効率の良い超音波ブラシを使うことも効果的です。

6. ご自分の歯を一生使っていただくために

日々のブラッシングには、補助的な器具を併用するなどしてある程度時間をかけ

継続してフッ化物やキシリトールを使用していただくこと、3ヶ月から半年に一度は

歯科医院で定期的なメインテナンスを受けていただくことをお勧めいたします。

PAGETOP