MENU

大人の歯列矯正|歯列矯正の豆知識|歯列矯正なら自由が丘矯正歯科クリニック(東京)

無料 資料請求

診療相談予約

大人の歯列矯正

矯正治療をいつの時期に行うかについては様々な意見があります。

自由が丘矯正歯科では、12歳臼歯(12歳頃に生えてくる奥歯)が生える頃に治療することをお薦めしています。

 

それでは成人では矯正できないのでしょうか?

ある本に、20歳を過ぎたら矯正治療をしない方がよいと書いてありました。

現在、自由が丘矯正歯科で新たに矯正を始められる患者さんの約70%は20歳以上です。中には50歳代、60歳代の方もいらっしゃいます。

一般的にいうと、年齢が高くなると、治療の期間が長くなる傾向があります。

また、女性よりも男性の方が治療期間が長くなる傾向があります。

しかし、最近ではデーモンシステムに代表されるパッシブセルフライゲーションのおかげで全年齢を通して期間は短くなっています。先日始められた40歳の女性は、最新のクリアティSLの効果で、わずか1ヵ月半で凸凹が解消しています。ご本人曰く「毎日動いています」。

成人でもこういう結果を出すこともできます。

 

また、成人でかなり凸凹が激しくても短期間で歯が並んでくるのがパッシブセルフライゲーションの特徴です。わずか3か月で驚くほどの結果が出ています。

 

なぜ、自由が丘矯正歯科クリニックでは、成人の方でも短期間で結果を出すことが出来るのか?

それは、以下の「3つの改善」に成功したからと言えます。

1. 歯の移動スピードの改善

これまで、矯正治療は2年から3年、場合によるとそれ以上かかるのが業界の常識でした。

今までにも、骨に刻みを入れて、骨を動かしやすくする方法(コルチコトミー法)が考案されましたが、大掛かりな手術になり、患者さんもなかなか治療方法として選択されることがありませんでした。

 

コルチコトミーは歯の移動スピードを改善する方法だったわけですが、外科的な侵襲が大きいため、あまり普及していません。最近、これを違う視点から改善する装置が登場しました。いくつかありますが、一番ポピュラーなのはオームコ社のデーモン装置です。デーモン装置もいわゆるマルチブラケット装置です。

 

従来のマルチブラケット装置はワイヤーの上を歯が滑っていく装置なので、ワイヤーとブラケットの摩擦とブラケットに結紮するワイヤーとの摩擦によって歯の移動が妨げられていました。フリクションフリー(摩擦がない)ブラケット(デーモンなど)の登場でこの摩擦をほとんど0に近づけることが可能になりました。従来歯の移動量は最大でも1mm/1月だったものが、約2倍の移動量を達成することが可能になりました(といっても個人差はあります)。詳しくはフリクションフリー矯正をご覧ください。

2.ブラケットの位置の改善

従来はブラケットをフリーハンドで着けていたため、3次元的な位置にずれが生じやすく、術者によっても差がありました。それを改善するのがインダイレクトボンディング法といわれるブラケットを正確な位置につける方法です。これにより期間を一層短くすることが可能になってきます。これにも様々な方法があります。詳しい話はブラケット装着方法の変遷をご覧ください。

3.動かしにくい方向への歯の移動の改善

歯を移動させる上で苦手な方向がいくつかあります。ひとつは奥に動かすこと、もうひとつは歯をめり込ませることです。この二つのためにこれまで様々な治療方法や装置が考案されてきました。これを画期的に改善したのが、インプラント矯正やアンカープレート矯正です。この二つによってこれまででは有り得ない歯の動きを可能しました。いくつかの欠点はあるものの理想的な矯正治療を行う上で、必要な技術です。詳しくはインプラント矯正、アンカープレート矯正をご覧ください。

成人においても最新のパッシブセルフライゲーションが奏効することがお分かりいただけるかと思います。

 

しかし、誰でも治療が可能というわけではありません。

 

むし歯や、歯周病にかかっていると矯正治療を行うことは出来ません。

矯正装置を付けるのは、むし歯や歯周病の治療が終わってからということになります。そのため、実際に矯正治療に入るまでに2年かかった方もいらっしゃいます。歯と歯茎が健康なら何歳になっても矯正治療は可能です。

 

また、成人の場合は治療の副作用というものがないわけではありません。

 

起こる可能性の高いものは歯茎の後退と歯根吸収です。

 

治療後しばらく経つと、だんだん目立たなくなってきますが、完全に埋まってしまうのは難しいようです。デーモンシステムで治療をするようになってからは隙間が空く量が少なくなりました。これはこれまでのブラケットに比べて歯に与える不必要な力がほとんどないのと、治療の期間が短い方が隙間が出来にくくなるためだと考えられます。

 

治療期間が長くなると、歯の根っこの長さが短くなることが知られています。治療の期間や加える力にある程度比例して起こると考えられているので、これまでより弱い力で、短期間に治療を終えることができるパッシブセルフライゲーションシステムは副作用も少なくなっています。

 

成人でも歯や歯茎に優しいパッシブセルフライゲーションシステムを用いて、痛みが少なく、スムーズに歯を動かしこれまでよりも短い期間で治療を終えるようにさらに研究を重ねていきます。

大人の歯列矯正体験談はこちらから

N.Kさん

N.Kさん

1年8ヶ月で治療が終わりました。毎月通っていれば、1年で終わっていたそうです。

  • 凸凹
  • 女性
  • 27歳
  • 1年8ヶ月
  • 抜歯あり
  • JETSystem採用

J.Nさん

J.Nさん

40歳代の私でも、1年9ヶ月で治療が終わる。矯正の技術もどんどん進化しているんですね。

  • 受け口
  • 女性
  • 40歳
  • 1年9ヶ月
  • 抜歯あり
  • JETSystem採用

S.Yさん 大学4年生

S.Yさん 大学4年生

実は歯科助手の仕事をしています。やはり、矯正専門のほうが安心ですね。

  • 開咬
  • 女性
  • 21歳
  • 1年4ヶ月
  • 抜歯あり
  • JETSystem採用

水町亮介さん プロバスケットボール選手

水町亮介さん プロバスケットボール選手

歯並びが整ってからは、瞬間てきに力を出せるようになりました。

  • 開咬
  • 男性
  • 22歳
  • 6年5ヶ月
  • 抜歯なし

R.Kさん

R.Kさん

開咬という難症例でしたが、治りました。

  • 開咬
  • 女性
  • 26歳
  • 1年6ヶ月
  • 抜歯なし
  • JETSystem採用

E.Nさん

E.Nさん

いちばんの実感は、「悩んでる時間があれば、矯正が終わります!」ってことでした。

  • 過蓋咬合
  • 女性
  • 26歳
  • 1年6ヶ月
  • 抜歯あり
  • JETSystem採用

PAGETOP