MENU

受け口の矯正症例(N.Kさん 27歳女性)

診療相談予約

HOMEへ戻る > 症例紹介(歯並びタイプ別・年齢別) > 受け口 > 受け口の矯正症例(N.Kさん 27歳女性)

受け口の矯正症例(N.Kさん 27歳女性)

クリップ

プロフィールと症状

年 齢

27歳

性 別

女性

当院に通うきっかけ

小学生の頃から歯並びが気になっていて、年齢や経済的なことを考えて今しかないと思ったことと、矯正治療について調べていたときにデーモンシステムのことを知り、その装置を積極的に取り入れていることを知り来院されました。

※ご案内 こちらの患者さんは、以前の矯正方法を使用して治療しています。そのため、若干時間がかかっています。最新の矯正方法ではもっと短い期間での治療が可能です!

※この事例では金属の装置を使用していますが、現在当矯正歯科では白く、目立ちにくいセラミックのブラケットを使っています。

クリアティSL

治療のプラン

治療の期間について期限はないがどのくらいの期間で終わるのかの目安が知りたいということと、小臼歯抜歯には抵抗があるとのことでした。体に無理・負担のない範囲内でできるだけ短期間でというご希望でした。

 

前歯数本が反対の噛み合わせになっているので、最初は非抜歯で歯並びを整え上の歯が前に出た状態(半年後くらい)で、非抜歯のままいくか、抜歯をするか再評価することにしました。

 

装置は痛みが弱くて、動きが良いものをというご希望で、デーモン3を選択されました。

治療前

治療前の状態

治療後

治療終了時の状態

治療終了までの経過

2006.08.12

装置装着直前の写真

2006.09.02

上下の歯に装置がつきました。

3ヶ月後(2006.12.09) 

ワイヤーを交換しました。上の前歯がだいぶ前に出てきました。

6ヶ月後(2007.03.03) 

前歯が開いてくる傾向が強くなったため、上下に特殊なワイヤーを入れ、犬歯のところのフックにゴム(22時間/日)をかけ始めました。

8ヶ月後(2007.5.19)

ゴムをかけて頂いている効果が出てきて、上下の前歯が当たってきました。

このままゴムはかけ続けていただきます。このままの方針でいくことに。

1年1ヶ月後(2007.10.20)

かなり良い噛み合わせになってきました。

1年3ヶ月後(2007.12.15)

装置が外れました。下の前歯にのところにある隙間は治療前に歯が重なっているところに起こりやすいものでブラックトライアングルといいます。成人の矯正で、凸凹のある部位にはよくできます。この原因は、歯の重なっている部分にはもともと歯を支える骨が無いために、歯を移動した後でも骨ができず、その分、歯茎が下がってしまうためです。これを改善するには、歯を薄く削って、歯の幅を小さくするか、歯茎を移植する方法があります。ただし、何もしなくても完璧ではないですが、だんだん目立たなくなってきます。

受け口の矯正治療を受けたその他の患者さんの症例

T.Mさん 33歳

T.Mさん 33歳

  • 受け口
  • 女性
  • 33歳
  • 11ヶ月
  • 抜歯なし

N.Kさん 27歳

N.Kさん 27歳

  • 受け口
  • 女性
  • 27歳
  • 1年3ヶ月
  • 抜歯なし
受け口の矯正治療を受けたその他の患者さんの体験談

K.Nさん 高校3年生

K.Nさん 高校3年生

痛くなかったし、期間も短かったし、先生や衛生士さんも優しくしてくれて。ここで矯正して、よかったです。

  • 受け口
  • 女性
  • 17歳
  • 1年
  • 抜歯なし
  • JETSystem採用

J.Nさん

J.Nさん

40歳代の私でも、1年9ヶ月で治療が終わる。矯正の技術もどんどん進化しているんですね。

  • 受け口
  • 女性
  • 40歳
  • 1年9ヶ月
  • 抜歯あり
  • JETSystem採用

PAGETOP