MENU

受け口の矯正症例(M.Iさん 30歳女性)|歯列矯正なら自由が丘矯正歯科クリニック(東京)

診療相談予約

HOMEへ戻る > 症例紹介(歯並びタイプ別・年齢別) > 受け口 > 受け口の矯正症例(M.Iさん 30歳女性)

受け口の矯正症例(M.Iさん 30歳女性)

クリップ

プロフィールと症状

年 齢

30歳

性 別

女性

当院に通うきっかけ

受け口を治したい

治療のプラン

新たに開発した治療方法で治療を行なっています。デーモン3を上下につけています。デーモン3を使ってはいますがデーモンシステムではありません。デーモン3のようなパッシブセルフライゲーション機能を最大限に活かす新たに開発したJETsystemで治療をしています。これまで、4年間に渡って、デーモンシステムに取り組んできましたが、オリジナルのデーモンシステムにはまだまだ改良の余地があるのと同時に日本人はあまり適していないと日々の臨床から感じていました。

料理と同じで良い素材を使うことも重要ですが、それをどのように調理するかが最終的な料理に対する評価になると思います。そういう意味ではデーモンのブラケットは良い素材といえますが、デーモンシステムはそのよさを活かしきれていません。また、欧米人と日本人の不正咬合の性格の違いにも原因があると思います。新開発のシステムで10ヶ月半でここまで歯を動かすことができるようになりました。また、これだけ歯が動いても痛みはほとんどありませんし、動きすぎて歯に大きなダメージがあるということもありません。矯正治療に長い期間をかけるのは昔のことかもしれません。

治療前

治療前の状態

治療後

10ヶ月半後の状態

治療終了までの経過

初診時(2008.3.04)

初診時の写真。

上の前歯が内側倒れて、噛み合わせが反対になっています。

成人(30歳)なので、もっとも動きのよい中学/高校生に比べると歯の動きはやや遅くなります。

装置装着は2008.03.29

2ヶ月後(2008.5.31)

2008.3.29に装置を装着し、2ヵ月後の2008.5.31の口腔内写真

上の歯はかなり並んできました。ワイヤーがだんだん真っ直ぐになってきています。

成人ですが、たった2ヶ月でここまで動いてきています。毎日のように歯が動いているので、鏡を見るのが楽しみだとお話になっていました。痛みもほとんどないので、職場で矯正治療の経験者に不思議がられているとのことでした。最初に装置を装着した日は少し痛みがあったとのことでしたが、それからはワイヤーを調整しても違和感を感じるくらいで、痛みはないそうです。痛みが強い矯正治療はやはり不必要な力の産物といえるかもしれません。

4ヵ月後(2008.7.29)

2008.3.29に装置を装着し、4ヵ月後の2008.7.29の口腔内写真

かなり並んできました。4ヶ月でここまで来ました。

上の前歯と下の前歯がちょうど当たっている切端咬合の状態です。

2ヶ月後には普通の噛み合わせになる予定です。

大人の女性でもここまで並んでくればかなりのスピードではないでしょうか?

6ヵ月後(2008.9.28)

2008.3.29に装置を装着し、6ヵ月後の2008.9.28の口腔内写真

ほぼきれいな歯列弓(歯の並び)になってきました。

真ん中の歯は上下が普通の噛み合わせになりましたが、上の2番目の歯の噛み合わせがもうひとつです。

あと、4、5ヶ月で外せるようになると思います。

うまくいけば年内に外せるかもしれません。

ご本人も「こんなに早く並ぶのならもっと早く矯正すればよかった」なんておっしゃっていました。

でも、4、5年前ならこんな風に治すことはできなかったので、今やってよかったのかも知れません。などとお話しています。

8ヶ月後(2008.11.26)

2008.3.29に装置を装着し、8ヵ月後の2008.11.26の口腔内写真

ほぼ整ってきました。上の2番目の歯の噛み合わせも前回から比べるとかなりよくなりました。

あと2ヶ月くらいで外す予定です。写真で噛み合わせが良いかどうかを簡単に判断するコツをお教えしましょう。

上下の歯が噛んでいるときに、上下の隙間がほとんどなければ良い噛み合わせと言えます。

2ヶ月後の写真をみて頂くと、噛んでいてもかなり上下の隙間があります。半年間で大きく噛み合わせが変化しました。

早く治るのに痛みが少なく身体に優しい、JETsystemはそんな夢のようなシステムです。来年は様々な学会に発表する予定です。

8ヶ月後(2008.11.26)

2008.3.29に装置を装着し、8ヵ月後の2008.11.26の口腔内写真

ほぼ整ってきました。上の2番目の歯の噛み合わせも前回から比べるとかなりよくなりました。

あと2ヶ月くらいで外す予定です。写真で噛み合わせが良いかどうかを簡単に判断するコツをお教えしましょう。

上下の歯が噛んでいるときに、上下の隙間がほとんどなければ良い噛み合わせと言えます。

2ヶ月後の写真をみて頂くと、噛んでいてもかなり上下の隙間があります。半年間で大きく噛み合わせが変化しました。

早く治るのに痛みが少なく身体に優しい、JETsystemはそんな夢のようなシステムです。来年は様々な学会に発表する予定です。

10ヶ月半後(2009.2.18)

2008.3.29に装置を装着し、10ヵ月半後の2009.2.18の口腔内写真

装置が外れました。32歳で治療を始めて、治療期間が10ヶ月半は治療開始時年齢が30歳以上では当医院で最短です。

昨年の秋以降の患者さんではもう少し短い期間で終了する患者さんも出てくると思います。

期間が短いこともありますが、やはり良い噛み合わせになって、これから残りの50年を快適に過ごせることがご本人にとっては重要かもしれません。

治療の開始時から矯正治療がとても楽しいとお話になっていたのも嬉しいことでした。

受け口の矯正治療を受けたその他の患者さんの症例

T.Mさん 33歳

T.Mさん 33歳

  • 受け口
  • 女性
  • 33歳
  • 11ヶ月
  • 抜歯なし

N.Kさん 27歳

N.Kさん 27歳

  • 受け口
  • 女性
  • 27歳
  • 1年3ヶ月
  • 抜歯なし
受け口の矯正治療を受けたその他の患者さんの体験談

K.Nさん 高校3年生

K.Nさん 高校3年生

痛くなかったし、期間も短かったし、先生や衛生士さんも優しくしてくれて。ここで矯正して、よかったです。

  • 受け口
  • 女性
  • 17歳
  • 1年
  • 抜歯なし
  • JETSystem採用

J.Nさん

J.Nさん

40歳代の私でも、1年9ヶ月で治療が終わる。矯正の技術もどんどん進化しているんですね。

  • 受け口
  • 女性
  • 40歳
  • 1年9ヶ月
  • 抜歯あり
  • JETSystem採用

PAGETOP