MENU

過蓋咬合・非抜歯(8ヶ月で終了の26歳女性)|歯列矯正なら自由が丘矯正歯科クリニック(東京)

診療相談予約

HOMEへ戻る > 症例紹介(歯並びタイプ別・年齢別) > 過蓋咬合 > 過蓋咬合の矯正症例(N.Oさん 26歳女性)

過蓋咬合の矯正症例(N.Oさん 26歳女性)

クリップ

プロフィールと症状

年 齢

26歳

性 別

女性

当院に通うきっかけ

「大学に入学したての頃から親知らずが痛むようになり、2年、3年と月日をかさねるごとに下の歯並びが内側に向かって倒れていってる事に気がつきました。近所にある歯医者さんで上の親知らずを抜くためにレントゲンを撮った時に下の親知らずが横に倒れて生えていたのを確認!まさか親知らずに押されてる?と疑問に思いつつ親に相談したところ、『歯は一生ものだから、治せるなら今のうちに治しなさい』と親にススメられたことと、前歯が下にさがっているのも少し気になっていたため」来院された。

※ご案内 こちらの患者さんは、以前の矯正方法を使用して治療しています。そのため、若干時間がかかっています。最新の矯正方法ではもっと短い期間での治療が可能です!

※この事例ではデーモン3という一部が金属でできた装置を使用していますが、現在当矯正歯科では白く、目立ちにくいセラミックのブラケットを使っています。

クリアティSLの装...

クリアティSL

 

このような装置を使うのは見た目以外にも、治療上有利な理由があります。

詳しい理由を知りたい方はこちらからご覧ください。

治療のプラン

前歯の噛み合わせが深く(過蓋咬合)上下の歯が内側に倒れていました。幸い奥歯の噛み合わせはそれほど大きな問題がなかったので、上下の歯並びをを整えるために、左下の親知らずだけを抜歯することになりました。

装置は歯の動きがよいのと、痛みが少ないということで、デーモン3を選択されました。

最初のむし歯に成り易さの検査で虫歯菌の比率が危険域にあったので、虫歯菌を減らす処置(3DS)を最初に行いました。

治療終了までの経過

2005.01.26

 

装置装着直前です。上下の前歯が内側に倒れこんでいます。

1ヶ月後(2005.03.01)

 

前歯の噛み合わせが深く、装置を噛んでしまうため、下の奥歯にレジンを盛って、噛み合わせを高くしています。

3ヶ月後(2005.04.27) 

 

上下の前歯がだんだん並んできて、奥歯も噛んできました。

N.Oさんのコメント

矯正をしていて嬉しかったことはデーモン3をつけていて歯が動くのがあまりに!ハヤくて!驚きました!

5ヶ月後(2005.06.18)

 

上下のワイヤーの太いものに変わり、前歯の噛み合わせが浅くなってきました。

8ヶ月後(2005.09.28) 

 

とてもよい噛み合わせになり、装置を外しました。

N.Oさんのコメント

矯正をしていて嬉しかったことはデーモン3をつけていて歯が動くのがあまりに!ハヤくて!驚きました!最低でも1年かかるとおもったのに・・・。あと、ココに来て皆さんに会えた事が楽しかったです。これからモチロン来ます。よろしくお願いしますネ

<これから、矯正をする方へ>
思いたったら即行動!経験してみないと分からない事って多いですよ!
スタッフの皆さんへ、いつまでもポップで優しい空気を保ってくださいネ。この穏やかな環境が患者さんの歯医者さんに対するイメージを変えてくれてると思います。

PAGETOP