MENU

出っ歯の矯正症例(K.Hさん 12歳男性/中学1年生)|歯列矯正なら自由が丘矯正歯科クリニック(東京)

診療相談予約

HOME > 症例紹介 > 出っ歯 > 出っ歯の矯正症例(K.Hさん 12歳男性/中学1年生)

出っ歯の矯正症例(K.Hさん 12歳男性/中学1年生)

クリップ

プロフィールと症状

年 齢

12歳

性 別

男性

出っ歯・非抜歯(1年11ヶ月で終了の中学生)

 

「できるだけ抜歯をせずに歯並びをきれいにしたい」との希望で、始めに上の奥歯を奥に動かす装置(ペンデュラム)を約4ヶ月装着しました。

装置開始1ヶ月後 ブラケット開始2ヶ月後

 

装置開始1ヶ月後 ブラケット開始2ヶ月後

 

奥の方のバネの力で奥歯を奥へ動かしています。その後、装置を交換して、歯を並べ始めました。

ブラケット開始5ヶ月後

 

上下の奥歯の位置関係を始めに揃えて、その後、全体を並べるためにブラケットをつけました。

このブラケットはセラミックでできたもので、ワイヤーをブラケットに留めるために細いワイヤーを使っています。

治療開始後23ヶ月、ブラケット装着期間18ヶ月

 

この子はとても素直な子で、治療に通う際にもキャンセルなどもなく、しっかり通ってくれました。

今年2月のMBTシステム研究会での発表症例にもなり来日したRichard P. McLaughlin先生にも高い評価を受けました。

先生のサンディエゴの医院はこちら

出っ歯の矯正治療を受けたその他の患者さんの症例

A.Iさん 中学1年生

A.Iさん 中学1年生

  • 出っ歯
  • 女性
  • 12歳
  • 1年
  • 抜歯あり

R.Eさん 中学1年生

R.Eさん 中学1年生

  • 出っ歯
  • 女性
  • 13歳
  • 1年1ヶ月
  • 抜歯あり

PAGETOP