MENU

凸凹の歯列矯正体験談(S.Yさん 14歳男性/中学3年生)|歯列矯正なら自由が丘矯正歯科クリニック(東京)

無料 資料請求

診療相談予約

自由が丘矯正歯科クリニック HOME > 症例紹介 > 凸凹 > 凸凹の矯正体験談(S.Yさん 14歳男性/中学3年生)

凸凹の矯正体験談(S.Yさん 14歳男性/中学3年生)

凸凹の矯正体験談(S.Yさん 14歳男性/中学3年生)

S.Yさんについて

学校での部活でスキーと野球を兼部しながらも、校外のクラブでも小1からスキーを続けているスポーツマン。趣味でバンドも組み、ギターとヴォーカルを担当する高校1年生。中学3年生(15歳)で装置をつけ、高校1年生(16歳)までの、1年1ヶ月で治療を終えました。

抜歯せずに矯正したかったので、短期間の治療にこだわっていませんでした

──矯正をはじめたキッカケは何ですか?

2歳年下の弟からもイジられるほど、歯並びが悪かったんです。八重歯も生え方がキレイではありませんでした。しかしなぜか弟は、歯並びがいい。悔しい。それがひとつめの理由。

──もうひとつの理由は?

2つ目の理由が、スキーです。 小1から続けているスキーも、高校生になってからはGS(ジャイアント・スラローム=大回転)という競技を始めました。GSはタイムトライアルですから、1秒が大きく影響します。最高時速90km/h。どうしても恐怖心から、歯をくいしばってしまいます。そこで、歯並びが影響してきます。歯をくいしばらないと、スピードをコントロールできません。それはそのままタイムに影響します。少しでもタイムを縮めるには、食いしばる必要があるのです。もうひとつは、いまバンドを組んでいて、将来できることなら歌手になりたいからです。

──歌手は大きく口を開きますからね

そうなんです。でも、歯並びが大切だなんて、母に指摘されるまで意識したことはありませんでした。 実は、矯正をはじめる前、「歌手になりたい」と母に相談したところ、「歌手になるなら、歯並びが良くないといけない」「テレビに出る人はみな、歯並びがいいでしょ」と教えてくれました。そのひと言で、矯正治療を決意しました。

帰国の機内で、ずーっと舌のトレーニングの本を読んでいました

──病院はどのように選びましたか?

ちょうど高校受験の前でしたので、日常生活に影響しないこと。受験勉強の妨げにならないこと。そして、短い期間で治療が終わることが自分が考える条件でした。病院を選ぶのは、母がみつけてくれました。

──装置をつけた時、どんな気持ちでしたか?

うーん、なんともいえない違和感ですね。

人口のワイヤーが口に入るのですから、不思議な感じでした。痛みはなかったです。その違和感も、徐々に慣れましたが。

──食事は食べられましたか?

装置をつけたその日は、おかゆを食べました。翌日は、うどん。最初の数日は柔らかいものを選んで食べましたが、1週間後には普通の食事ができるようになりました。

──装置が外れたことがあったと聞きました

部活では、中学から野球もやっています。冬はスキーに専念しますが、夏場はスキーができませんからね。その野球の最中、ふとした時に装置が外れてしまいました。翌日すぐに病院でつけ直してもらいましたね。

──海外旅行にも、装置をつけたまま行ったようですね

オーストリアに行きました。オーストリアでは、真夏でもスキーができるのです。スキー合宿だったので、スキー用に透明のマウスピースを作ってもらって持参しました。それをつけて滑ったのですが、歯をくいしばることもできましたし、不便さは感じなかったですね。

 

帰りの機内機は、8時間以上も乗っていたので、こちらでもらった「舌のトレーニングの本」をずっと読んでいました。時間はたっぷりあったので、内容を丸暗記できるくらい読めました。そのおかげか、舌のエクササイズは習得できたと思います。

高校入学までに終えたかったので、受験時期でしたが治療をはじめました

──装置をつけたのが中3の夏。受験の時期でしたが、影響ありませんでしたか?

特にありませんでしたね。違和感はありましたが、痛みは感じませんでしたし、気になることは、ほぼありました。高校入学までに治療を終わらせたかったので、時期は仕方がありません。

──どうして、高校入学までに治療を終わらせたかったのですか?

高校になれば、新しい友だちができます。中学までの自分のことは知りません。ぼくの歯並びが、どうだったかなんて、みんな知りません。だから、入学までに終わりにしたかった。でも、治療をはじめたのが部活が終わった中3の7月でしたから、卒業までに終えるのは難しかったのです。結局、高校1年の9月まで治療はかかりました。それでも、高校の友だちは装置をつけているぼくしか知りません。元の歯並びは知らない。そう考えると目標は達成できました。

──ゴム掛けや歯みがきの苦労はありましたか?

歯みがきは、こちらで購入した歯ブラシを、いまも使っています。山型で大きめのやわらかい歯ブラシです。今まで通りにしているくらいで、特別なことはしていません。 ゴム掛けはちょっと面倒ですが、するようにしています。毎晩、寝るときは必ずつけているので、朝起きると少し痛いですけど。

──どんな病院でしたか?成田先生やスタッフはどんな人ですか?

やさしいですよ。歯医者さんというと怖いイメージがありましたが、ぜんぜんそんなことはありませんでした。 スキーの話なんかもずいぶんとしましたから、楽しんで通えました。

──今年のスキーは、GS競技で好タイムが出そうですね

はい。よい成績が残せるように頑張りたいですね。今年のシーズンインは、これまで以上に待ち遠しいですね。歯を食いしばって滑りたいと思います。成田先生、スタッフのみなさん、ありがとうございました。

矯正ビフォー・アフター

治療前

治療前

治療後

治療後

取材日時:2013年10月

取材制作:カスタマワイズ

※ 文中に記載されている数値など情報は、いずれも取材時点のものです。

治療後にいただいた声

治療後にいただいた声

凸凹の矯正治療を受けたその他の患者さんの体験談

R.Bさん 中学2年生

R.Bさん 中学2年生

いまは、思いっきり笑えます。

  • 凸凹
  • 女性
  • 14歳
  • 1年
  • 抜歯なし
  • JETSystem採用

M.Yさん 中学2年生

M.Yさん 中学2年生

顎の幅を拡げる治療で、抜歯せずに矯正できました。矯正専門は違うと感心しました。

  • 凸凹
  • 女性
  • 14歳
  • 1年3ヶ月
  • 抜歯なし
  • JETSystem採用
凸凹の矯正治療を受けたその他の患者さんの症例

A.Fさん 中学3年生

A.Fさん 中学3年生

  • 凸凹
  • 女性
  • 15歳
  • 1年7ヶ月
  • 抜歯なし
  • JETSystem採用

Y.Oさん 中学1年生

Y.Oさん 中学1年生

  • 凸凹
  • 男性
  • 12歳
  • 1年9ヶ月
  • 抜歯あり
  • JETSystem採用

PAGETOP