MENU

AcceleDent | 自由が丘矯正歯科クリニック STAFFブログ

STAFFブログ

AcceleDent

AcceleDent 使用患者さん症例~その3治療終了~

カテゴリ:AcceleDent

AcceleDentを使用していた患者さん、
無事に1年1か月で矯正治療を終えられました!
今回は横の写真です↓
検査時
11_A004
装置装着時
05_A004
装置装着半年後
07_A004
装置撤去時
矯正治療期間1年1か月後
05_A004
実はこの患者さん、
AcceleDentを忙しくてあまり使用できない時期もあったようです。
ではなぜこの患者さんは成人男性にも関わらず
順調に1年1か月で治療が終わったのか。。。
院長の予想ですが患者さんの職業に秘密があるのではないかと考えています。
この患者さん、職業はダンサー、1日5時間以上
体を動かしているのです。
そこで次回は、治療を順調に進める為の知識をお伝え致します~!!
・゜゚・矯正歯科で働く歯科衛生士 小倉真衣*:.。..。.:*・゜

AcceleDent 使用患者さん症例~その後2~

カテゴリ:AcceleDent

AcceleDentを使用した通常矯正治療の動きが遅いと
言われる成人男性の治療例、まずは下顎での
10か月の変化をご覧いただきました!
以前ご紹介した記事はこちら♪
同じ患者さんの下顎の紹介記事はこちら♪
今日は、上顎の変化をご紹介いたします♪
JETsystemで重要なポイントとなるのが、抜歯をした直後に
矯正治療を開始することです!
抜歯した部位の骨代謝が活発な時期に歯を動かすというのが狙いです☆
初診時 上顎
口元を現状より下げたいという患者さんでしたので
歯の大きさ等のバランスをみて
23_A004
抜歯をして治療を開始しました。
この抜歯したスペースが如何に短期間で閉じるかが
全体の治療期間に大きく関係します。
中学生の患者さんはスペースクローズが本っっっ当~に早いです!
05_A002
半年後
全てスペースが閉じきってはいませんが、
犬歯が順調に後方へ移動しています。
成人の場合、犬歯は50g、前歯4本は100gで
歯をバネを使用して移動させています。
中高生くらいまでは各々成人の半分の力での歯牙移動を行います。
07_A002
従来の矯正治療だと、200gやそれ以上の力をかけて移動するので
痛みや骨吸収が生じます。
そして10か月後!
犬歯はもう後ろの歯とくっついたので、コイルは引っ張っていません。
順調にスペースクローズが進み、後はばらついた隙間を閉じます。
そのために、全体的に透明のゴムをかけているのと、
前歯4本は継続して100gの力で移動させています。
03_A002
この写真撮影の時に、患者さんは
「もっと力かけてがんがんひっぱっていいっすよ~!」
とおっしゃっていました(・∀・)つ笑
JETsystemで治療すると、治療開始から1か月くらいをのぞき
ほぼ歯を移動させる力を感じないので、
治療最後の方に、早く装置を外したい患者さんから
よくそういう声を聞きます♪
「強く引っ張ると先生に叱られるのでだめっっす!」と
お応えします~♪笑
次ご紹介するときは、、、
患者さんの装置はもう外れているかも!?しれません!
・゜゚・矯正歯科で働く歯科衛生士 小倉真衣*:.。..。.:*・゜

AcceleDent 使用患者さん症例~その後~

カテゴリ:AcceleDent

以前AcceleDentを使用して、通常矯正治療の時間がかかる
成人男性の記事をご紹介しました。
以前ご紹介した記事はこちら♪
その後の患者さん、自由が丘矯正歯科クリニックで
装置装着してから10か月が経過しました。
そのご報告をいたします~!
初診相談時 他院から転院 抜歯してから時間が経過している
11_A008
装置装着時 
矯正治療では期間がかかる要素3つ
要素1.抜歯後時間が経過している
要素2.奥歯を動かす
要素3.咬む力の強い成人男性
があてはまる患者さんです
☆治療期間を短くしたいということでしたので、
AcceleDentを使用して治療を行っています。
05_A008
5か月後、期間がかかる要素が3つあるが予想に反して動きが良い
抜歯したスペースが中学生の様に埋まりました
03_A008
そして今回ご紹介するのは10か月後です!
03_A008
右下の歯の再治療も終わり、順調に治療が進んでいます(*^・ェ・)ノ
明日は上顎のお写真をご紹介しますね(・∀・)つ 
・゜゚・矯正歯科で働く歯科衛生士 小倉真衣*:.。..。.:*・゜

1

PAGETOP