MENU

装置装着方法 | 自由が丘矯正歯科クリニック STAFFブログ

STAFFブログ

装置装着方法

藤城さんが歯科技工士目線でJETsystemについて語ります!

カテゴリ:装置装着方法

皆様こんばんはっ( ´∀`)つ
明日はとうとう東京も37度!?楽しみ過ぎですっっ♪
暑さを思いっきり楽しみましょうっ♪
Happy summer!!
さて今日は、実際にIDB(インダイレクトボンディングシステム)を
お願いしている歯科技工士さん、藤城さんにお話を伺いました!
IDB(インダイレクトボンディングシステム)がもたらす
矯正治療の結果の違いを
藤城さんが歯科技工士目線で爽やかに♪語ります!
こちらの歯科技工士藤城さんの記事♪をご覧ください!
P1330666
写真真ん中が藤城さんです!
*・゜゚・矯正歯科で働く歯科衛生士 小倉真衣*:.。..。.:*・゜

治療期間を短縮する為の装置装着方法♪③

カテゴリ:装置装着方法

時には装置を準備する際にねじれが大きくて
IDB(インダイレクトボンディングシステム)のコアを
準備できない歯もあります。
後ろに引っ込んでいるような歯↓
24_A002
その場合も先生の勘、、、で装着をするのではなく
IDB(インダイレクトボンディングシステム)で大変有名な
白須賀先生の開発された、白須賀ゲージというものを
使用してコア無しで直接装置を装着する際に使用しています!
これが白須賀ゲージです↓
DSC_0481
DSC_0482
0.25mm単位で装置の位置づけが出来る優れものです!
これなしではJETsystemの治療は行う事ができません!
ただただぽんっと装置を付けて終わり!と言う風に
考えていた方も多いと思いますが、
矯正治療も山登りやマラソン等々、結果を出す為の
事前準備を行う事が大切ですね(=゚ω゚)人(゚ω゚=)
*・゜゚・歯科衛生士 小倉真衣*:.。..。.:*・゜
  http://www.402415.com/

治療期間を短縮する為の装置装着方法♪②

カテゴリ:装置装着方法

矯正歯科医院によって、装置を付ける位置は先生によって
様々違うと思います。
私も友人が違う医院で治療を始めたので
装置の位置を見ると、院長とは違う位置に装置が
付いていてとても興味深く観察しています!!笑
歯の上の方に付けるか、下の方に付けるかで歯の角度を
コントロールする先生、
ワイヤーを曲げて角度を調整する先生等本当に様々です。
JETsystemでは、歯の角度のコントロールは
装着している装置によって行っています。
同じ前歯でも、角度をコントロールする為に
角度が数種類ある装置を使用しています。
見た目ではほとんどわかりません!
そして装置を装着する位置、、
それが最も重要です!
JETsystemはIDB(インダイレクトボンディングシステム)
という装着方法を行っています。
直接装置をつける方法ですと、特にほっぺたがある奥歯は
正しい位置に装置をつける事が難しいです。
そして付ける位置が先生ごとに異なるという再現性の無い状態が
起こってしまいます。
その点IDB(インダイレクトボンディングシステム)は
まず患者さんの模型上で装置の位置決めを行いますので
唾液や頬粘膜に邪魔をされず良い位置に装置を付ける
準備をすることができます。
12_A008
また、事前に装置を準備しているので直接付ける方法よりも
時間が短く装置装着が終わります。
患者さんの1本1本の歯にコアという装置を付ける位置を
再現できるプラスチック状の物↓がつきますので、
どの先生が付け直しを行っても良い位置に装置を付ける事ができます。
04_L006
直接装着する方法よりコストがかかりますが、
その分もたらされる結果が違うのでIDB(インダイレクトボンディングシステム)を
使用しているのです。
*・゜゚・歯科衛生士 小倉真衣*:.。..。.:*・゜
  http://www.402415.com/

治療期間を短縮する為の装置装着方法♪

カテゴリ:装置装着方法

皆さんこんにちは!
いきなり涼しい気候になりましたが、お元気におすごしでしょうか?
急な雷雨にご注意くださいね^^
本日は、JETsystemの治療期間を短縮する為に医院で
取り入れている技術についてご紹介いたします。
矯正装置を周りで付けている方や、実際に治療中の方、
装置がどうやって歯についているかご存知でしょうか??
歯と装置をくっつける、接着剤を使用しています。
将来装置を歯からとるので、時々硬い物を食べると装置が
外れてしまいますΣ(゚д゚;)
昔は、装置と歯を直接くっつける技術がなかったので
バンドという装置で全ての歯を矯正していました。
奥の歯についているぐるっと歯を取り囲んでいる
銀色の輪っかがバンドです。
これが前歯まで全部、、だと、なかなか矯正治療に
挑戦しにくいですよね。。。
手前の歯は直接装置を歯に装着しています。↓
22_A008
現在自由が丘矯正歯科クリニックでは、どうしても上下のかみ合わせで
噛んで装置が外れてしまう歯以外はバンドは使用せず、
直接装置を付けています。
それは、バンドでは出来ない細かい装置の位置づけを
直接つけるボンディングで行うことで
より良い位置に、より短期間で歯を動かす為なのです。
なんとなくぽんぽん、、と付けているように見える
矯正治療の装置ですが、自由が丘矯正歯科クリニックでは
0.25mm単位で付ける位置を決めているのです。
*・゜゚・歯科衛生士 小倉真衣*:.。..。.:*・゜
  http://www.402415.com/

1

PAGETOP